×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

聖火リレー

北京オリンピックの聖火の採火式やっちゃがけんどん、08年3月25日にギリシャのオリンピアにて行なわげな。
ギリシャはオリンピック発祥の地であり、またくら、前回開催地でんありますね。電化住宅
その後3月30日まじゃあギリシャ国内にて聖火リレーが開始さげな。
3月30日に第1回オリンピックの会場であんギリシャ・パンアテナイア体育館にて中国への聖火の引渡し式が行わげな。
31日には聖火は中国・北京へ空路にて移動し、それかい聖火リレーの出発式が行われる予定となっていまよ。
ここかいが聖火リレーの本格的な始まりだっちゃ。
8月8日までの130日間にわたって世界中を駆け巡るこつとなるじ。
その間の距離はなんと過去最長となる13万7千キロだっちゃ。
北京市を出発したつ聖火やっちゃがけんどん、アルトマイ、イスタンブールと順に渡っていき、それ以降も世界各地を巡っていきまよ。
日本ではよ、最近冬期オリンピックが行われたこつもあり、聖火は長野をはしるこつに決まっていまよ。
ただ、具体的なコース、オフィシャルランナーなどはまだ決まっちょらんごつじゃがね。痩せる
その後、聖火をアジア各国を巡っていき、やっとこさっとこ中国本土に渡り、各地を巡りまよ。
そしてかいよ、開幕日の8月8日に再び北京へと戻っていくこつとなるじ。
今回の聖火リレーではよ、大きな話題としてかいよ、聖火が初めてエベレストを登るこつも挙げらちゃか?
それかい最近ではよ、聖火リレーの順番を巡り、クレームが台湾かい出ちょるこつも見逃せん話題じゃがね。
台湾、香港、マカオを経由して中国本土に入っていくという流れけんどん、台湾があたかも中国の一部として受け取られかねんといった懸念を示しちょるごつだっちゃ。
オリンピックは平和の祭典なわけじゃひから、北京オリンピックを前にして政治的思惑とは離れたレベルでの解決をしてほしいじゃがね。

近代五種

オリンピックの競技には普段日本人にはそれほど馴染みのん競技も結構ありますこっせん。wii fit
ではよ、北京オリンピックでん行われるそれらの競技についてち〜っと解説をしてみごつかなと思いまよ。
今回は「近代五種」について書いてみますね。
近代五種の歴史についてやっちゃがけんどん、古くは紀元前708年、古代のオリンピック・ペンタスロンの競技記録を見らげな。
近代オリンピックではよ、1912年のストックホルム大会で、正式種目となりましたげな。
近代五種は一人の選手が一日で、射撃(ピストル20発競技)、水泳(200m)、馬術(クロスカントリー4km)、フェンシング(エペ)、ランニング(クロスカントリー)の五種目を行いまよ。
いっちょん異こんじょのいくつかの種目に挑戦するという、限界に挑むてげタフな競技といえるやろうね。
近代オリンピックの創始者であん、クーベルタン男爵はスポーツの華と評したつとも言われていまよ。
またくら、シドニーオリンピックかいおなご子種目としても加えられましたげな。
パソコン2
毎年、ワールドカップや世界選手権大会も開催されており、男おなごとも個人競技、団体競技、国別リレー競技がありまよ。
競技人口は、世界48ヵ国でおじーそ3万人、日本国内じゃあ約100人と考えられていまよ。
ちなみに日本人選手が近代五種に初めて参戦したつのは1960年のローマ大会のこつじゃがね。
選手は田中和宏選手と内野重昭選手の2名で、それぞれ35位、38位という結果が残っていまよ。
北京オリンピックでの近代五種にも注目してみてくれんね。

クレー射撃

オリンピックの競技には普段うちどん日本人にはあまり馴染みのん競技も結構ありますこっせん。
ではよ、北京オリンピックでん行われるそれらの競技についてやしにやっちゃがが解説をしてみごつかなと思いまよ。
今回は「クレー射撃」について書いてみますね。
クレー射撃の種目にはトラップ、スキート、ダブルトラップの3つがありまよ。
まず、トラップ射撃やっちゃがけんどん、これは1750年頃のイギリスが発祥だっちゃ。
トラップとは罠のこつやっちゃがけんどん、トラップ射撃じゃあ生きちょる鳥を罠のごつな箱に入れて、号令と共に開け、鳥を飛び立たせ射撃したつじゃが。
さらに1880年代には、英国のマッカスキーという人が石灰にピッチを混入し、焼き固めるといった現在のクレー標的を考案したつのだっちゃ。フォークリフト
次にスキートやっちゃがけんどん、これは狩猟用の猟銃を使い、猟の練習のためにアメリカで考案された射撃じゃがね。
半円の直径部分の直線上に標的放出機を2機設置し、1個もしくは2個のクレー標的を射撃するといったスタイルが1920年頃に確立したっちゃが。
最後にダブル・トラップ射撃は、てげ歴史のあたらし種目で、1996年のアトランタ大会で初登場し、北京オリンピックで4回目になるじ。
こん種目やっちゃがけんどん、トラップ競技の射面を兼用して使用するこつが多くて、3番射台前方の3基の放出機かい2個標的を同時に放出してかいよ、これを射撃するといった種目だっちゃ。
男子は1番射台かい5番射台まで順に2個ずつを5回繰返してかいよ、50個で1ラウンドだっちゃ。スキー場2
おなご子は4回繰返してかいよ、1ラウンドは40個となっていまよ。

Copyright © 2008 北京オリンピック